そこにきぼうのかんかくはあるのか

私の物事の判断基準として、唯一無二であるもの。

その選択の先に、きぼうの感覚はあるのか。

最近、それを忘れていた。