読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともちゃんにおもうこと

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6219729

 

彼女の歌をカラオケで歌うと、とっても盛り上がったし、歌が上手いと言われる時代を私は生きていた。

彼女が馬にのって会見したとき、微妙な違和感を覚えた。

ぐびの動きが、不自然で…

わたしがその姿と似た人を見たのは、精神保健福祉士になって、精神科で働き始めた時だった。

もしかして…

 

彼女が復帰したとき、彼女自身の話からも語られたけれども、そのときすでに、薬物依存だったようだ。

はたからみたら、マライアキャリーのようなシンデレラストーリーを歩いていた彼女は、失恋して、どんどん病んでいったのだとそんな話をしていた。

何となく、私もみにつまされることがある。

最近、鶴瓶さんに例えられるわたし(容姿ではない)。

いろんな人の心を開かせてると言われるわたしは、実はかなりの人見知りで、気が合わない人に遭遇するとかなり、消耗し、疲弊する。

多分、みんなの見ているわたしは、ムードメーカーで、いい人だ。

ガツガツ仕事に取り組んで、ぐだぐだいいながらも、何とかしてしまう。

そんなわたしが、みんなから見えているわたしらしい。

でも、これまで付き合ってきた人はお世辞にも容姿はよくても、決してほめられたものではない。

貢いだし、だまされたし、手もあげられたし、暴言もはかれた。

積み上げたもの、そう、望んでてにいれたキャリアもふっとんでしまったほどで、離婚だってした。

多分、恋愛依存だったんだと思う。

なんとか、自分を変えたい、好きになりたいと結婚も恋愛もしてみたけど、自分の自信のなさを隠す手段にはなり得ず、むしろ傷口に塩を塗りつけるようなものだった。

劣等感は強化され、実力がない自分が悪いと洗脳されたようになる。

この劣等感はどこから来たのか、いつ始まったのかはわからない。

とにかく、流行りで言うと超絶こじらせ系かわたしの自己評価なのだ。

何となく、おこがましくも、彼女が復帰したとき、自分を重ね合わせて、何とか立ち上がろうと思ったことを思い出した。

彼女の歌を聴いては涙した。

 

今、再び、彼女が休養するという記事をよんだ。

何となく、不器用な人なんだろうと、テレビの画面から、わたしは彼女にそんな印象を持った。

素直に休んでほしいと思う。

休んで、元気になってほしいと願う。

彼女はわたしにとっての、希望の感覚なのだから、わたしは彼女が好きだ。

そしていつでも、彼女の歌を聴いては涙するわたしでいたいと思う。